<   2013年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
 
e0074969_21301953.jpg
5/19(日)、大菩薩嶺に登ってきました。
なんと今年2回目の山のぼりです。
前日の昼過ぎに突如決め、ダメもとでゆきみぃ隊員に連絡してみると、二つ返事で「行くー」。
早朝4:15にゆきみぃ宅で待ち合わせ。(はりきり過ぎて4時には着いちゃいました)
ゆきみぃ家のOちゃん号を借りて出発です。
もちろんこの時間ですので渋滞もなく、6時半過ぎには登山口に到着しました。

大菩薩嶺は登山口から2時間半ほどでもう山頂です。
急坂もなく、ハイキング気分で登れて、久しぶりの登山にうってつけ。
お天気もよく、新緑もきれい。空気がおいしく、鳥はさえずり、
あー、やっぱ山はいいなぁ。
e0074969_21395958.jpg
大菩薩峠からの眺め。
南アルプスも富士山もきれいに見えました。
ゆきみぃ隊員、かんげきしてた。よかったー。
GWのうめあわせができたかな?山、ありがとうっ。
e0074969_21415826.jpg
ゆきみぃ隊員とやす。奥に富士山が見えてます。
楽な山とはいえ、私はいつだって精一杯なので終始黙々と登っていきます。
余裕のやすとゆきみぃ隊員はおしゃべりしながら登っていきます。
e0074969_21444975.jpg
大菩薩嶺(2,057 m)山頂です。くまちゃん、山頂に立つ。
まったく見晴らしはありませんが、やっぱり山頂は踏まなきゃね。
さあ、見晴らしの良い場所に戻ってお昼ごはんです。

e0074969_21481041.jpge0074969_2148117.jpg
左:ゆきみぃさんが最近こってるというミネストローネ。
(この数分後、コッヘルが横倒しになるという惨劇に見舞われる)
右:我が家のいつもの辛らーめん、野菜もりもり入り。これは野菜を食べ尽くしたあと。

ゆきみぃさんはひどい花粉症なのにもかかわらず、春先もずーっと登っていたのです。
我が家なんて花粉もPM2.5も怖くて、外遊びはひかえてたってのに。。。
この日も山頂から先に行く、大回りルートで下山したい気満々のご様子でした。
「コースタイム、プラス3時間だよ。渋滞にハマるよ」と断念していただきました。
すごいよゆきみぃ隊員。その情熱はどこから。。。
触発されたワタクシ、山スイッチ入りましてヨ!
e0074969_21575284.jpg
世界遺産登録おめでとうございますー!

e0074969_2159031.jpg
福ちゃん荘のふくたろうと記念撮影。
ふくたろう、だいぶくたびれてました。

e0074969_2222989.jpg
あっという間に下山。
楽しい山行でございました。ありがとうございます。
大菩薩の湯で汗を流し。。。
ここのお湯、すごくいいお湯だった。
つるつるすべすべになりました。

このあと2時過ぎだったかな?
高速に乗り、大きな渋滞もなく、そして。。。


e0074969_2264114.jpge0074969_2263034.jpg
車だったのをいいことに、また行ってしまった、横浜、華隆餐館へっ。
ゆきみぃさん、朝早くから夜まで長々おつかれさまでした!

◆大菩薩嶺 標高2,057 m
◆累積標高差 約550m 
◆距離 約8km
◆コースタイム 登り:2h20 下り:1h10
[PR]
by mmmtin | 2013-05-31 23:58 |
 
e0074969_1539529.jpg
夕べはおいしいものを食べに行きました。
デジカメ忘れちゃったけど。
借りてる端末で撮った画像を、PCに取り込むことができました。(・∀・)わーい

外は雨。

やすは夕べ古い友達と飲みに行き、今朝方帰ってきて昼過ぎまで寝て
起きたと思ったら「気持ち悪い」とまたベッドに逆戻り。二日酔いです。
私は画像加工ソフトを落として遊んでました。
今日は一歩も外に出なかったぞ。

雨。よく降るなぁ。とても静かです。
[PR]
by mmmtin | 2013-05-11 19:56
 
食日記と化しているたま日和。
年取ると食べることしか楽しみがなくてのぅ(゚∀゚)

先日、自由が丘のカフェ「ohanaya」で夜お茶してきました。
ずーっと行ってみたかったんだー。
行ってみてわかったのですが、ここはこだわり食材でこしらえた食事で
ワインを楽しんでもらうコンセプトのワインカフェであった。
e0074969_23352049.jpg
ワインのボトルがずらーっと。でもお茶だけでもOKでしたよ。
他のテーブルに出されてたパスタなんか、盛り付けはカフェ風。
とてもおいしそうでした。
e0074969_2327179.jpg
いちごと豆乳のブランマンジュ。それにコーヒー。
豆乳のブランマンジュはもろ豆乳でしたがさっぱりしていて旨し。
ここでコーヒーがいまいちだと「もう行かない」となりますが
コーヒーもおいしかった。苦み走った好みの味でした。

カウンターで隣りに座っていた女子二人連れ(推定年齢42才)が
セキララな恋愛話をしていて。
「私は押し倒されてもいいと思ったんだけどぉ」って
その先どおなったのー?続きが聞きたかった私でした。
[PR]
by mmmtin | 2013-05-10 00:04
 
e0074969_22222740.jpg
昨日おみやげに買ってきたブラフベーカリーのキャロットケーキ、
今朝、切って食べてみました。うまーい。
オリーブオイルでしっとり。上にはクリームチーズのフロスティング。
ナッツとレーズンが味のアクセントです。

ブラフベーカリー、気に入ってしまった。
「ニューヨークスタイル」と銘打っているだけあって
それらしいパンや焼き菓子がいっぱいあったのです。
人生があるうちにいろいろ食べてみたい。
中華街に行ったら必ず寄ろーっと。あっちに行く楽しみがまた増えました。

夕べ、夢でうなされて寝不足で
今日は一日ぼーっとしていました。
夕ごはんを食べてお風呂に入ってやっと復活したので
うれしくなってキャロットケーキを載せてみました。
おやすみなさい。
[PR]
by mmmtin | 2013-05-07 22:17
 
今日が暮れていくー。
今年のGWは山にも行けず、やすは1日しか休めず。
ゆきみぃ隊員には申し訳ない気持ちでいっぱいですが
休養が取れました。これって大事だね。年かな?

右上腕部の痛みは今日あたりはずいぶん和らぎました。
一時は着替えるのはおろか、トイレでパンツを上げるのも難儀しましたが。
腕の痛みとは別に、昨日は一日中、死んだように眠っていました。
病気でもないのにこんなに眠れるんだー、というくらい寝た。
5年ぶりの常勤で仕事を始めて9ヶ月、自分ではあまり感じていなかったけど、
目には見えないストレスがじわじわと溜まっていたんだー、
と思った次第でございます。

体調も良くなった本日、
またまたみなとみらいチケットで横浜に遊びに行ってきました。
e0074969_1921583.jpg
日本大通りで降りて象の鼻地区に来てみました。
またアメリカの大型客船「サン・プリンセス」が停泊してた。優雅だー。
このあと大桟橋に行って間近に見てきたけど、
乗客はみな観光に出ているみたいで船内に気配なし。静かでした。
e0074969_1993024.jpg
港の水は意外ときれい。

e0074969_1995985.jpg
もうバラの季節です。
後ろはホテルニューグランドだけど
銀杏の緑で隠れてしまってます。
気づけば季節は初夏。

山下公園は来週開催される
トライアスロンの準備中でした。


e0074969_1916220.jpg
フランス山を登ってみなとの見える丘公園に。
マリンタワーからみなとみらい、赤レンガ倉庫を望むことができます。
暑からず寒からず。ほんとにいい季節です。

e0074969_19173625.jpg一度行った記憶を頼りに
ブラフベーカリーにやってきました。
ここでも狂瀾が繰り広げられていたよ。
焼きたてが出てくるもんだから
コーフンに拍車がかかるってもんです。

以前来たときは夕方でほとんど売り切れ。
残った数点を買って
あまり印象に残らなかったんだけど
こりゃー旨いです。うっまーい!叫ぶ。
最近食べた中で一番おいしいと感じました。

右上のキャロットケーキがまた驚きの旨さ。
左上は丸くないベーグル。おもしろいよね。
e0074969_21572741.jpg

e0074969_202459.jpg
元町、DES PRÉS。大好き。
e0074969_2072055.jpg
お昼は中華街で。海老ワンタン麺。普通うま。
中華街は身動きできないほどの混雑ぶり。
早々に横道にそれ、横浜公園方面へ。
e0074969_2016444.jpg
馬車道まで来ました。
初めて馬車道十番館に入ってみたよ。
昭和の香りのするレトロな洋館喫茶室です。
あまり愛想のない熟年のメイド服のウェイトレスさんも華を添えます。
なんか妙に落ち着く。
e0074969_20481684.jpg
暑かったのでアイスコーヒーを。
折り目正しい、おいしくはいったアイスコーヒーでした。ビバ!
e0074969_20521691.jpg
名物のビスカウトをやすへのおみやげに。

横浜、楽しいなぁ。東京にはない、文明開化な空気感がなんとも好きです。
GW最後に小旅行気分を味わって満足です。
おいしいおみやげも買えたしね。(゜∀゜)
[PR]
by mmmtin | 2013-05-06 22:09
 
おはようございます。
「澄みきった」と形容できないところが悲しい東京の空ですが
ともかく気持ちのいいお天気です。

5/4、緑の日。
ほんとうならば今頃は、大菩薩嶺に向かう新緑の登山道を
気持ちよく歩いているところでした。

泊まりでの登山が中止になった瞬間、
日帰りできて、せっかくGWに行くんだからちょっとお出かけ感のある
でも久しぶりに登るのに優しい山、できたら温泉付き、
ということで、すぐに「大菩薩嶺!」と思いました。

もうこうなると仕事どころではない。
すぐにネットで登山口を確認。
最寄り駅から登山口までのバスの時刻から逆算すると
始発に乗れば行けるではないか。よっしゃー!

と、やる気に満ちあふれ帰宅。
この頃から右上腕部に刺すような痛みが。
でも気にも止めてなかったですよ。明日になったら治っているだろうと。

そして次の日(登山前日、昨日のこと)、
朝起きると痛みはひどくなっています。
腕を動かさなくても「ズキンズキン」と鈍い痛み。
なんだなんだ?

でもまあ起きたばかりだからだろうと日常生活を過ごしていましたが
どうも良くなる気配がない。
これはストックは持てないな。でも大菩薩嶺ならストック無くても大丈夫。
行ける行ける。

でも荷物を詰めたリュックを背負ってみたら「痛ーい」
リュック背負ないなら登山は無理。。。
でもでももうちょっと待ってみたら少し良くなるかも。
と、さらに日常生活を過ごし、夕方まで粘ってみたけど改善する兆しなし。
重い気持ちでゆきみぃ隊員に事情を説明するため電話しました。
いや、重ね重ね本当に申し訳ない。。。
ゆきみぃ隊員、登山に持っていくためにパンを焼いてくれていたそう。
ひー。もうなんとお詫びしてよいのやら。。。

ゆきみぃさんに「五十肩じゃない?」と言われて「ええー!」とそのときは思ったけど
もしかしてこれは五十肩なのか?
今、ネットで調べてみたら、いろいろな可能性があるみたいで
ちゃんと整形外科に行って診察してもらいます。

e0074969_10443352.jpg
大菩薩嶺は去年の6月に登っていました。
これは大菩薩峠からその先の稜線を望んたところ。
この日はお天気が悪く眺望がなかったのですが
晴れていればすばらしい景色を眺めながらこの稜線を歩けるのです。
くやちいー。
[PR]
by mmmtin | 2013-05-04 10:59
 
今週は3日仕事に行ってまた4連休。
今日は職場、お休みが目立ちました。電車も空いていました。
私は来週に向けての作業があるのでGWはカレンダー通り。
4日も休んだらやりかけのことを忘れてしまいそうなので
今日は作業の目途をつけてから帰ってきました。

さて、今朝のこと。
このところ土日祝関係なく朝から深夜まで働きどおしのやすも
5/3、4と連休できそう、っていうか「無理やり休む!山行く!」と告知がありまして。
えっ、明日のことだよ。もっと早く言ってくで。
でもギリギリまでわからなかったんだよねきっと。

それからがあわただしかった。
通勤の電車の中で携帯で宿を探し、一緒に行くゆきみぃ隊員に連絡し、
昼休みには登る山の残雪の状態をネットで調べて
仕事中も頭の中でシュミレーションしたり。

してたら15時半頃やすからメール。
「雰囲気がやばい。電話する」
仕事で障害が起きたってー。とても明日明後日と休める雰囲気ではないとのこと。涙。
泣く泣く押さえたばかりの宿をキャンセルし、ゆきみぃさんに事情を説明。
いやほんとーに申し訳ない。。。

ゆきみぃ隊員はならば日帰りで雲取山に行ってみたいそうですが
あそこは基本的に1泊2日の山ですので
コースタイム2/3くらいで登れる人じゃないと日帰りは難しい。
公共交通機関で日帰り可能なわりと近場の山に登ってきます。
でも本当はゆきみぃ隊員を残雪の山に連れて行ってあげたかった。無念なり。

あっ、いま思いついたけど、もうちょっと雪が少なくなったら
また夜行バスで唐松岳もいいじゃないですか?

という具合にGW後半は山に行くかも、という計画だったので、
先週の日曜日、自分の体力のチェックもかねて、
久しぶりに駒沢公園に走りに行ってきました。
e0074969_2233954.jpg
駒沢公園、新緑がすばらしかったです。これはトウカエデ(唐楓)。
近づいて枝を持って見ないとわからない、黄色い目立たない花が咲いていました。
e0074969_22325875.jpg
こちらはヤマボウシ。つぼみがついていました。花はこれからです。
秋には実が成り、その実は食べることができます。

ランですが、5㎞を目標とし、結果は6.5㎞。のんびり走って50分くらいでした。
走り終わったあと全身が張ってる感じになって。
これはかなり力が入っていたということ。
久しぶりだったから「力を抜いて走る」っていうのをすっかり忘れてたよ。
山のぼりのときも「ゆるゆる登る」のを忘れないようにしようぞ。

e0074969_235338.jpge0074969_23531071.jpg
太陽の沈む位置により、夕日がキッチンに真っ直ぐ射し込むようになりました。
夕焼けのきれいな日にはキッチンが燃えるようなオレンジ色になります。
季節限定、天気に左右されるし、時間にしてもほんのわずかです。
それに居合わせたときはすごく得した気分になるのです。
[PR]
by mmmtin | 2013-05-03 00:11
 


      

たまの記録
by mmmtin  (まり)
メモ帳
↓プロフィールはこちら
◆excite以外のリンク◆
●人生1度きり!チエさん●お友達のぺんぎんさん●心の有志!U子さん●サンザシ夫婦と猫だんご●ぴろこ改めひろこ●園芸魂!おーちゃま●アメリカンコレクティブル
●神戸のネット布や●らぶばあのブログ●弟aのブログ
カテゴリ
全体

メロンパン
インド料理教室
パン焼きの記録
ゴーヤクラブ
以前の記事
2014年 10月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
more...
フォロー中のブログ
ニューヨークでのヨガ生活
モデル 美香 Mika'...
幸せの味探し
子育て観察と晩御飯と日々の生活
たまプラ嫁日記 *たまプ...
TRATTORIA DE...
検索
その他のジャンル
最新の記事
まきば登山隊が行く -白山-..
at 2014-10-20 22:47
山にいいもの。その2。お弁当..
at 2014-06-26 22:37
山にいいもの。その1。にほん..
at 2014-06-23 22:37
送別会とクマ公と三ノ塔とVine
at 2014-06-18 22:19
白山 2014.5.30(金)
at 2014-06-08 20:30
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧