<   2012年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
 
e0074969_10451327.jpg
日曜日、すんばらしいお天気にめぐまれ、新緑の中、丹沢山歩きをしてきました。

伊勢原からヤビツ峠行きのバスに乗ったのが8時55分。
かなりの遅出だったので、「久しぶりに三ノ塔のお地蔵さんに会ってこようかな」
くらいの軽い気持ちで歩き出したのです。

e0074969_1165218.jpgバスの終点、ヤビツ峠から
ここ登山口までは車道歩き。
この先から登山道です。
塔ノ岳6.2㎞の標識が見えてます。

塔ノ岳までコースタイムでは3h40。
そこから大倉バス停まで2h20。
時間も遅いし半分くらいまで行って
降りてくるつもりでした。この時は。
がしかし。

表尾根の縦走路のあまりの気持ちよさに
「次のピークまで」「もう少し先まで」と
とうとう塔ノ岳まで歩いてしまいました。
いやー、楽しかったです。


e0074969_1110832.jpg
空が青ーい。
そして人、多ーい。
三ノ塔までは人がいっぱいでした。
日差したっぷり。
でも暑くもなく寒くもなく。
山歩きに最高の一日でした。

ヤマビル目撃情報を耳にしていたので
ちょっと恐怖でしたが
幸いにして遭遇しませんでした。
ホッ。

(ヤマビルの洗礼を受けるのはいつ?)


e0074969_11224382.jpg
三ノ塔に到着。
お地蔵さん、お久しぶりですっ。
って、ぐるぐる巻き?
あ、暑くないですか。。。?
脱がせて差し上げたかったけど
勝手に脱がせるわけにもいかず。

埴輪のハニーはいなくなっていました。
ハニーはどこえ。。。?

e0074969_1125479.jpg
お地蔵さんの見やる方向に塔ノ岳。

一緒のバスで到着した人たちが
次々と先の烏尾山に向っていきます。
私たちも先に進みました。

e0074969_1134188.jpg
三ノ塔から塔ノ岳までは「烏尾山」→「行者岳」→「新大日」→「木ノ又大日」」と
4つのピークを越えて行くので
降りたり。。。
e0074969_11342617.jpg
登ったりを繰り返します。

e0074969_11434750.jpg
くさり場もあり。
こういうの得意。大好き。

GWなど、混雑時には
このくさり場、
30分待ちとかになるそうです。


e0074969_11464116.jpg
こんなに気持ちのいい尾根道あり。
e0074969_1148096.jpg
楽し過ぎっ。

e0074969_1150342.jpg
気づけば塔ノ岳まで700m。
あともうちょっと。

e0074969_1154189.jpg
ついに到着、塔ノ岳(1491m)、山頂です。
ヤビツ峠のバス停から休憩はさんで5時間。
でも楽しくてあっという間に感じましてよ!
e0074969_1264897.jpg
歩いてきた道が見える。
達成感ー。

e0074969_1291215.jpg
時刻はもうすぐ3時。
途中パンを食べたけど
やっとお昼ごはんです。
マルタイラーメンにしてみました。
大量に野菜を投入。
ゆで卵も持ってきました。
さんま蒲焼は結局開けずじまい。

今回はラーメンとパンでしたが
他人のおにぎりがめっちゃおいしそう。
そろそろおにぎりの季節だな。
今度はおにぎり握ってこよーっと。

e0074969_12151962.jpg
なごり惜しいがのんびりしてると日が暮れる。
まさかこんなに遅くなるとは思わず、(っていうか、ただ単に忘れただけだけど)
ヘッドライトを持ってなかったので
日没までには絶対の絶対に下山せねば。

山頂を後にし、大倉尾根を黙々と。ただ黙々と。
もくもくもくもく。。。

e0074969_17594075.jpg
地味な尾根道をもくもくすること2h20。
やっと登山口まで降りてきました。
長かったー。

大倉バス停で発車直前のバスに飛び乗り
帰路につきました。おつかれさまっ。

今回は行ってみたかった塔ノ岳に、
それも表尾根から行くことができて大変満足です。
評判どおり、変化にとんだ、とても楽しい縦走路でした。
でもずっと遭いたかった塔ノ岳のシカくんには遭えず。。。
また行くぞ。待ってろよ、シカくん。
だけどヤマビル恐い。。。次は紅葉の季節かなー?
[PR]
by mmmtin | 2012-05-29 18:18 |
 
e0074969_1118590.jpge0074969_11175748.jpg


















非日常的門をくぐるとそこは。。。
(あるじにとっては日常ですが。。うらやまちいっ)

e0074969_16564161.jpg
チコママさんの表現としての庭、そこはチコママガーデン
今年もこのすばらしいお庭(アート)とチコママさんの心のこもったおもてなしに
ふれる機会を得ました。本当にありがとうございました!
e0074969_175444.jpg
はじめておじゃましたとき、ゆきみぃ会長とこの椅子に座り、
そよぐ風の中、緑を見ながら放心しきったものです。
グリーンの力。心がほぐれていきます。
e0074969_1781535.jpg
どこもかしこも素敵すぎで
どう写真を撮ったらよいのかわからない状態。
「用事がない日は一日庭しごとなの」というチコママさんの
たゆまぬ努力と労力。そのセンス。美意識。
ひとときこの庭にいられるというしあわせ。おーちゃまもありがとう。
e0074969_17155947.jpg
チコママさんの発想をご主人が具象化したコージーコーナー。
風にゆらぐつるばらの葉。
窓から見える瑞々しい緑。
テーブルや棚の上には庭のお花が。うっとり。
e0074969_17234792.jpg
ランチは持ち寄りで。みんなの作ったサラダ、おいしかったです!
e0074969_17285749.jpg
チコママさんがしゃぼん玉を用意してくれていました。
庭に敷いたラグの上でしばし、しゃぼん玉大会の私たち。
しゃぼん玉女王はチコママさんでした。
e0074969_17323657.jpg
いつまでも去りがたい私たち。。。
チコママさんのすべてに本当に敬服いたします。。。ありがとうございました!

ところで。

ランチでは「健康ネタ」で盛り上がるお年頃の私たちですが
NHKの朝ドラの「梅ちゃん」に、満場一致で「かわいーよねー」。
梅ちゃんがかわいいと思う度合と「おば度」って比例していると
つねづね思っておりました。
「私もおばねー」と自己診断してたけど、なんだ、みんなそうなんだ。
なんとなく安心、っていうか連帯感。
[PR]
by mmmtin | 2012-05-23 09:52
 
e0074969_1004625.jpg
頂上付近の標識。
風と寒さで凍りついています。

名古屋ナンバー組ややすが
山頂で写真を撮りまくって
いるのが見えます。
私ももう少し。


e0074969_10122291.jpg
着きました!広ーい山頂です。
硫黄岳。標高2760m。自分で登った一番高い山。
っても登山口がすでに標高1900mだけど。
でむ!がんばりました。自分。
目の前にどーんと赤岳が出迎えてくれました。
e0074969_10231457.jpg
左:横岳。真ん中:赤岳。右:阿弥陀岳。
赤岳は八ヶ岳の主峰です。今年こそは登りたい。
「体力的に無理かも。。。」と思っていたけど、登れる気がしてきたっ。
e0074969_10265935.jpg
赤岳アップ。かっこいー。
e0074969_1034429.jpg
おととしのGWに登った権現岳。
あの日はおだやかな快晴であった。
が、高度障害で記憶がところどころ飛んでいます。こわい。
e0074969_10504766.jpg
横岳への稜線に点々と立つケルン。なんかかわいい。
下は清里方面、奥には奥秩父の山々が見えています。
e0074969_10402928.jpg
小さな小屋(祠?)を風避けにして
名古屋ナンバー組がマグにコーヒーを淹れて飲んでいます。
私たちもならって休憩。
お湯を沸かし、カップスープで温まり、パンを食べました。
見えている風景はこんな。あの世ってこんなところかも。

1時間ほど山頂で過ごし、名残惜しいが下山です。
e0074969_10574078.jpg
どんどん高度を下げていきます。下りるのはあっという間です。
e0074969_10595062.jpg
くまちゃんです。夏沢峠まで下りてきました。青空も見えてます。
ここでごはんにします。
e0074969_114364.jpg
今日のごはんはおにぎりとカップラーメン、それにチーズ。
私は高いところで空腹にまかせて食べると
高度障害により大変に気持ちが悪くなるので
おにぎり1個とチーズだけでがまん。
でもシャリバテおこさないようにおまんじゅうは食べましてよ。

みつまめちゃんへ。
我が家愛用のバーナーSOTOさんはこんな感じですよー。
バーナーは他にも軽量のものとか、いろいろあるので
山道具やさんで探してみるといいです。
ちなみに私はSOTOさんと同じ新富士バーナーの軽量バーナー
マイクロレギュレーターストーブ SOD-300 を自分用に買おうと思ってます。

またまた小1時間ほど休憩してしまいました。
予定していた下山時刻をとっくに過ぎています。
途中、夏沢鉱泉でアイゼンをはずし、トイレ(100円)を借りて、ここでも30分休憩。
休憩だらけ。
で、駐車場に戻ると。。。
e0074969_12203167.jpg
駐車場には「まきば号」一台だけ。ぽっつーん。

駐車場を出たのが17時ちょうど。
下山予定時刻は14時だったから3時間オーバーです。
休憩時間、取りすぎだろー。
まあ日の入りが遅くなったから大事ないのですが。

それと2500mを越えてからは高度障害のため、
コースタイムを大幅にオーバーしていました。
今後、2500m越えの山を登るときは
コースタイム×1.5以上時間を見たほうがよいとの教訓を得ましてよ。
e0074969_12241151.jpg
きびしいダートを乗り切り、下界に戻ってきました。
こうやって登ってきた山を下から見る。たまりません。
無事下山できてホッとする気持ちと達成感、やり切った感。
e0074969_1227176.jpg
蓼科の「ピッコ」でおいしいジェラートを。
このあと、下諏訪に出て児湯で疲れをほぐしました。
はーびばびば。
やはり登山にはオプションで温泉付きのほうがしあわせ度アップですね。
[PR]
by mmmtin | 2012-05-15 17:00 |
 
e0074969_17582529.jpg
夏沢峠(2440m)を後にし
山頂をめざします。
上ではゴーゴーと風がうなっています。


e0074969_17584071.jpg
急登になってきました。
でも雪だからわりと楽。
この急坂、
帰りはお尻で滑っておりましてよ。

e0074969_1811641.jpg
森林限界が近くなってきました。
さっきまでいた夏沢峠が小さく下に見えてます。
「ずいぶん登ってきたなー」とぷち達成感が味わえる瞬間。
e0074969_18111731.jpg
森林限界を超えました。
激しい風に雪が吹き飛ばされて、岩肌が見えています。積もらないのです。
もろに風を受けてものすごく寒いー。
あわててフリースの上にインナーダウンとアウタージャケットを着込みました。
手袋を2枚重ねしてもちぎれるほど冷たく、指先の間隔がなくなります。
今年は絶対の絶対に冬のグローブを買うぞ。
e0074969_18112538.jpg
高度が上がり、天狗岳が顔をのぞかせはじめました。
何度も振り返って見てしまいます。
e0074969_18114053.jpg
すでに高度は2500mを超えています。
まりちく、高度障害があらわれはじめました。
呼吸が早くなり、キンギョみたいにぱくぱくしてしまいます。
ゆっくりゆっくり登っていきます。というか、ゆっくりしか歩けないーっ。
頂上まであと少しが遠いです。がんばれ、チーフ! (ワタクシ、チーフ化しました)
e0074969_1811473.jpg
天狗岳が姿を現しました。
蓼科山も見えてきました。
e0074969_18115561.jpg
ケルンをたどって登っていきます。
頂上はもうすぐです。

つづく。。。
[PR]
by mmmtin | 2012-05-11 21:41 |
 
GWのある日。
八ヶ岳連峰のひとつ、硫黄岳(2760m)に登ってきました。
e0074969_20443794.jpg
登山口の桜平に向かう車中から硫黄岳を見る、やる気にみなぎるくまちゃん(の後頭部)。むうー。
e0074969_20494837.jpg
唐沢鉱泉(左)と夏沢鉱泉(右)の分岐。
左は天狗岳の、右は硫黄岳の登山口となります。
登山地図や山ブログでさんざん見てきたこの風景。この目で見た。
ここからダートになります。やす実家の「まきば号」にはかなりきびちー道でした。
(が、赤岳登山口となる美濃戸へのダートはもっとすごいそうです)
e0074969_20571717.jpg
途中、八ヶ岳のシカくんと遭遇。白いお尻がポイントです。
e0074969_2104525.jpg
AM7:40、桜平に到着。
駐車場には我が家の「まきば号」1台でしたが、身支度をしている最中に
名古屋ナンバーの車がやってきました。
中から現れたのは背の高い、なかなか様子のいい男子ふたり連れ。しかも感じがいい。
このふたり連れと頂上まで追い越したり追い越されたり、でした。

e0074969_2181754.jpg
登り始めはこんな感じ。
針葉樹林に深い苔。
川沿いに歩くので
しめしめした感じ。
登山雑誌で見ていた
北八つの風景だー。
感慨深し。


e0074969_21142820.jpg
登山口から30分ほどで夏沢鉱泉に到着です。
水場で水を汲み、登山計画書をポストに入れました。
ここ夏沢鉱泉は山小屋ながらお風呂があります。
帰りにトイレ(100円)をお借りしたとき、お風呂場をのぞいてみました。
煙突が立っていて、風呂桶の蓋のすきまからほかほか湯気が上がっていました。

e0074969_2119108.jpg
もーみの木♪
もーみの木♪
クリスマスみたーい。

夏沢鉱泉を出てから
雪が目立ってきました。
道が凍っているので
私はアイゼンを装着。

あとから出発した
名古屋ナンバーの
ふたり連れに
ここで追い抜かされました。
足、はやーい。


e0074969_21254229.jpg
1時間半ほどでオーレン小屋に到着。
ここでトイレ(100円)を借りました。
寒くなってきたのでフリースを着込みます。
名古屋ナンバー組に見習い、ストックの先端を雪用のバスケットに交換しました。
5月といえども2000m超えるとそこは冬山。
何しろ超恐がりのワタクシですので
ふんどしを締め直す気持ちでかかります。ふんがー。

e0074969_21373187.jpg
オーレン小屋にて。
やる気満々のくまちゃん。


e0074969_21534448.jpg
オーレン小屋を過ぎ
ますます
雪深くなってきました。
雪を踏みしめて歩くのは楽しい。
下りはもーっと楽しいのです。


e0074969_21553592.jpg
登り始めて2時間半弱、夏沢峠に到着です。
ここから上はゴーゴーと風がうなる音がしています。
山頂は風が強そうと判断したのか、名古屋ナンバー組はここで腹ごしらえしていました。
私たちは休まず山頂を目指します。

つづく。
[PR]
by mmmtin | 2012-05-10 22:18 |
 


      

たまの記録
by mmmtin  (まり)
メモ帳
↓プロフィールはこちら
◆excite以外のリンク◆
●人生1度きり!チエさん●お友達のぺんぎんさん●心の有志!U子さん●サンザシ夫婦と猫だんご●ぴろこ改めひろこ●園芸魂!おーちゃま●アメリカンコレクティブル
●神戸のネット布や●らぶばあのブログ●弟aのブログ
カテゴリ
全体

メロンパン
インド料理教室
パン焼きの記録
ゴーヤクラブ
以前の記事
2014年 10月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
more...
フォロー中のブログ
ニューヨークでのヨガ生活
モデル 美香 Mika'...
幸せの味探し
子育て観察と晩御飯と日々の生活
たまプラ嫁日記 *たまプ...
TRATTORIA DE...
検索
その他のジャンル
最新の記事
まきば登山隊が行く -白山-..
at 2014-10-20 22:47
山にいいもの。その2。お弁当..
at 2014-06-26 22:37
山にいいもの。その1。にほん..
at 2014-06-23 22:37
送別会とクマ公と三ノ塔とVine
at 2014-06-18 22:19
白山 2014.5.30(金)
at 2014-06-08 20:30
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧