<   2010年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
 
外を見たらばすごい雪!
久しぶりにぼたぼたと降る雪を見ています。
明日は用事で2時間かけて遠くの山ふもとに行くのです。
電車が遅れるかな?早く出かけるようにします。

さて、先日、父が80歳を迎えました。
80年生きてるってそれだけですごいっ。これはお祝いだー。
というわけで弟a一家と一緒にお祝いの会を開きました。
甥Rくん(小学6年)は野球チームのレギュラー争いがかかっているため
野球の練習に出かけ不参加です。

場所はみんなが集まりやすいってことで池袋。
東武百貨店に入っている四川飯店を予約しました。

e0074969_12202476.jpge0074969_12203330.jpg
辛いものが大好きな弟a夫婦と我が家。
だがしかし甥Wくん(小学2年生)と父がいるので、オーダーは辛さ控えで。

e0074969_12225861.jpge0074969_1223525.jpg
お正月に父が遊びに来たとき、今年も中華街に行きました。
いつもの調子で辛いものばかり頼んだら
父はあまり食べられなかったのです。
私たちにはおいしくても父には辛いもの地獄だったのだ。
そのあとさんざん連れまわして、歩き地獄も加わり
お正月からさんざん地獄を味わった男、父。

e0074969_1224494.jpge0074969_12241193.jpg
だけれどここは陳健一さんの四川飯店。
やはり麻婆豆腐は味わってみたい。
土鍋にぐつぐつして出てきた麻婆豆腐はちょっと変わった味わいでした。
e0074969_12263822.jpg
あらかじめ「お誕生日会」と伝えておいたら
お祝いにこんなかわいい桃まんを用意してくれていました。
うれしいじゃございませんか。

父は人のことを悪く思ったり、先のことを案じて不安になったり
そーゆーところが全然ないのです。
そのあたりが長生きの要因ではないかと思います。
ただこれは転じて、共感する力がない、他人への関心がない
ということにもつながり
このあたりが母にとっては勘に障るところらしいです。

まあいいじゃないですか。
80年生きてきて今さら変わるわけもないし、そういう人なんだしー。
それに概して「共感性がない」「他人への関心の薄さ」という特性は
男性の脳の作りがそうなっているからなのだそうです。
脳科学的に見てもごく一般的ってことです。
76年生きてきた母にそういっても納得はしないのでしょうが。

e0074969_21534822.jpg弟aによるプレゼント贈呈の儀。
さすがは観察眼のある弟a、父の好みをよく把握しているセレクト。
とっても似合いそうなシャツとトレーナーでした。

e0074969_2154289.jpg父、別れ際にやすと私に握手を求めて「ありがとう」と言ったのですよ。
そうとううれしかった様子。よかったよかった。
「またお食事会開こうか?」と尋ねると「いいねぇ」との返事。
じゃあ次は弟a妻Tさんご推薦の四川料理で、また地獄を見てもらいましょうか?

[PR]
by mmmtin | 2010-01-31 22:30
 
e0074969_22104940.jpg
ご近所の皆さま、こんばんわ!
今日の餅つき大会、行きましたかー?
特に「全日本つきたて餅を愛する会」のゆきみぃ先生、
つきたてお餅、お召し上がりになりまして?
ワタクシもちろん参加ですワ!買うのに40分も並びましてよ!
途中、樽酒を振舞いに来てくれたS川のおやじから
八海山をいただきました。ぷはー。
e0074969_2211214.jpg
つきたてのお餅はさいこーです。
我が家では去年の暮れから餅を切らさず、昨夜もお雑煮でしたが
やはりつきたてはひと味違います。

今日、参加できなかったご近所さまへ朗報ですぞ。
2/7(日)、九品仏で餅つき大会があります。
なんでそんなこと把握しているの?私。
e0074969_22111243.jpg
もちつき大会で今年もエコバッグを配っていました。
今年のはこんな感じ。
紀ノ国屋のエコバッグを限りなくもじりあーに。
[PR]
by mmmtin | 2010-01-31 22:29
 
今日は持病の通院で表参道に出かけました。
眼科での検査が必要と言われ、紹介状を持って目医者さんへ移動。
いわゆるところの裏原宿を歩いていると
とある店先に空色のNORTH FACEのフリースが。
「あれー?」と吸い寄せられていくと、他にもPatagonia、Columbiaなどなど
アウトドアメーカーのウェアが。しかもものすごい安い。
しかし手に取ってみるとユーズド。古着でした。

原宿の古着やさんなんて20代前半の頃以来入ったことなかったけど
こんなご時勢のせいなのか、嗜好のせいなのか、賑わっていました。
外国の方が多いのは昔と変わりません。
しかも結構年配の方が多いです。

アウトドアメーカーのアウターは機能的に出来ていて
風も通さずとってもあったかいのです。
たま(スクーター)に乗るとき用に1枚欲しかったけど
排気ガスですぐ薄汚れるのにそこそこいい値段がするし
「『たま』ごときに贅沢な」と躊躇していました。
状態がよければ古着もいいかも?

眼科の検査が終わって渋谷に向けて裏通りを歩いていると
おもしろいお店に遭遇しました。
e0074969_1839790.jpg
アウトドアのバックパックやさん「GREGORY」です。
お店がツリーハウスみたいでかわいいー。
入り口の木にはハンモックが吊り下げられていました。

GREGORYは30%offセールをしてましたぞ。 → ゆみさん
私ももうちょっと大きなザックが欲しいけど
今日もお医者でお金がぶっとんでいったのでがまんです。
山小屋デビューする前には新調する予定。
夏頃かな?今からワクワクです。
[PR]
by mmmtin | 2010-01-29 19:27
 
◆矢倉岳 標高870m(累積標高差700m位?)←うそでした。
累積標高(上り): 477m位
累積標高(下り): 641m位
距離 5km位

◆コース
 6:48 おうち発-(東急線&小田急線)-8:20 新松田
 8:40 新松田-(箱根登山バス)-9:15 地蔵堂
 -------------------------
 9:40 地蔵堂-(60分)-10:40 山伏平
 10:40 山伏平-(25分)-11:05 矢倉岳
 ★---お昼ごはん(1時間40分)---★
 12:45 矢倉岳-(70分)-13:55 矢倉沢
 -------------------------
 14:32 矢倉沢-(箱根登山バス)-15:00 新松田
 15:05 新松田-(小田急線&東急線)-16:50 おうち

空気の澄んだ季節、どーんと富士山が見たいねぇ。
というわけで選んだのは、箱根の北にある眺望が良いという独立峰「矢倉岳」。
予報では終日晴れ。期待で胸も鼻もふくらみます。

5時起床。私は出かける2時間前には起きないと支度できない性分なので
逆算すると5時。やすは支度が早いので6時過ぎ起床。
朝ごはんとお昼ごはんで重くなったザックをしょって出発です。

新松田から登山者で満杯となったバスにゆられて登山口に向かいます。
すぐにどかーんと富士山が顔をのぞかせました。
雲ひとつなく青い空にどっしり構えています。富士さん、すごい存在感~。
e0074969_2305454.jpg
終点の地蔵堂バス停で下車。
ピントが後ろに合ってしまったが
トイレの前の水のみ場は柱になって凍っていました。
なんだかかわいい。
でも日なたはぽかぽかと暖かいです。
e0074969_231272.jpg
小さな沢を渡ります。楽しいー。
e0074969_2311181.jpg
しばらく植林の中を歩きます。ちょっと陰気。
ときどき霜柱をしゃくしゃく踏みながら登っていきます。
高く育って光が届かず下草も生えていないヒノキや杉の間を歩くと
現代アートの中に迷い込んだような、不思議な感覚で結構好き。
e0074969_2311741.jpg
1時間ほどで山伏平に到着。
ここまで追い越されたり追い抜いたりして一緒に歩いていたおじいさんが
「あと20分くらいだよ」
この方、脳梗塞かなんかで左半身がちょっと不自由な感じでした。言葉も。
でもがんばってリハビリしてこうして山に登っているんだ。頭が下がります。
五体満足なんだからうーんと見習わなくては。
e0074969_2312425.jpg
山伏平を過ぎると右手に富士山が見えてきました。
一気にテンションが上がります。
これまでペースを保って登ってきたけど、コーフンのあまり乱れました。
平常心が大切ですな。
e0074969_2313061.jpg
展望が開けてきました。頂上はもうすぐです。
e0074969_2313594.jpg
頂上に着きました。矢倉岳(標高870m)。
開けた山頂で広場のようになっています。
風もなくぽかぽかです。
e0074969_2314174.jpg
こーんなふうに富士山が裾野まできれいに見えました。
まりちく、かんげきー。
手前に広がるのは御殿場の街並みです。
e0074969_2314622.jpg
箱根方面。
右にぴょこっと出ている山は去年の12/13に登った金時山。
左奥は神山。山肌から白い水蒸気が立ち上っています。大涌谷だと思います。
e0074969_2315223.jpg
相模湾が見えました。
山の頂上で海を見るのは気分が良いし得した気分。
e0074969_2315757.jpg
これが楽しみで登ってる、お昼ごはんでーす。
今日は趣向を変えて煮込みうどんにしてみました。
いつものように野菜たっぷり。
野菜のお布団にくるんで持ってきた卵、割れずに無事でした。
七味とうがらしも持参です。まりちく、抜かりなし。
e0074969_232275.jpg
初めてのうどんだったので勝手がわからず、
スープが粉のまるちゃんのうどんを持ってきたけど、それでも旨いーっ。
次回は工夫してうどんのタレを持ってこようと思います。
ここにお餅も投入。お餅がとろ~んと。たまりません。
持ってきたきな粉をまぶして食べました。

私たちの後ろでは、年配の山岳クラブの面々がお昼を広げていました。
中のひとりが凧揚げを始めて、山頂にいる全員の注目をあびています。
凧を揚げているおじいさん、とってもうれしそう。

うどんに集中してふと見ると、凧は空高く上がっています。
おおー、あんな高くにー。
すかさずおじいさんを見ると、満顔の笑みっ。
忘れた頃にまた見てみると、ギャラリーも引けておじいさん、さみしそう。
凧の糸をたぐり寄せて下ろしてました。
凧見てるよりおじいさん観察がおもしろかったです。
e0074969_232753.jpg
1時間半以上も山頂でのんびりして(そんなにいたんだっ)下山。
ほんとに天気が良くて気持ちがいいです。
朝にはなかった雲がぽかーんぽかーんと出てきました。
ときどきちゅるちゅると鳥の声がします。
私は降りる足元に夢中ですが、余裕のやすは耳を済ませています。
e0074969_2321335.jpg
下山して見上げる矢倉岳。達成感。
e0074969_2321795.jpg
バス停の近くに農産物の直売所がありました。
なんでも100円。100円ショップです。
みかん、きんかん、白きくらげ、大根、ぬか漬などを売っています。
ためしにみかんを一袋。
e0074969_2322344.jpg
バスが来るまで30分ほど時間があったので、バス停でコーヒータイム。
買ったみかんを食べてみると意外にも甘くておいしいっ。
こんなんならもう一袋買って来ようかな?と思っているうちに
バスが来てしまいました。

今回はお天気が最高、文句なしの日本晴れ。
風も穏やかで暖かくて、最高でした。富士山もよく見えました。
登らせて頂いた山の神さまに感謝。がんばった自分に感謝。
そして亀さんのようにゆっくりのったり登り下りする私に
辛抱強く付き合って後ろを歩いてくれるやすに感謝。
このくらいの山ならほんとはトレイルラン(山ランニング)したいくらい
体力を持て余しているやすなのであります。
[PR]
by mmmtin | 2010-01-27 23:11 |
 
先週の木曜日、今年初めての粉の会が催されました。
といっても会食&器やさんのミニ粉の会です。
残念なことに会員2号おーちゃまは予定があり参加できず。。。
そんなおーちゃまに、当日の様子をレポートいたします。

まずは第一部の会食。
ゆきみぃ会長が気になっていたお店、
西麻布のイタリアン「カステリーナ」におじゃましました。

e0074969_1652691.jpg
e0074969_1694616.jpg

チーズの味のグリッシーニと自家製パン。
事前にゆきみぃ会長から「パンはお代わり自由」との情報を得ていたので
安心してパクパクいただきました。
途中、焼き立てフォカッチャも登場。

e0074969_1653918.jpge0074969_167293.jpg
前菜盛り合わせとスペシャリテのフォワグラのフラン。
フランは見た目ケーキみたいー。
きれいだけどフォワグラは苦手なので
ゆみさんとゆきみぃさんに差し上げました。
お皿に残ったマルサラ酒のソースにドライいちじくをからめて食べました。

e0074969_1681715.jpge0074969_1682997.jpg
鴨のパスタとフォンダンショコラ。
パスタ、濃厚でおいしかったです。
みんなが頼んだパスタもおいしかったなー。やっぱり私は麺食いです。

すべてのお料理がこってりさんで、お腹がいっぱいになりました。
もっと若い衆にはちょうどいいかも。
実際お店は若いお客さんが大半でした。
中に一人で来店して、お料理が出るたびに何枚も写真に撮り
メモ帳に何かこまごまと書き込んでいる女性がひとり。
あの方はプロの食べ師かも。

会計を済ませると、愛想のいいシェフ(?)が出てきてお店の前でお見送り。
お店が見えなくなるちょうど角の民家の軒先に鉢植えキャベツがあったのだ。
ちょうど収穫の頃合のキャベツをしげしげ観察したかったけど
いつまでもこちらを見ているシェフの視線を背中に感じ、立ち止まれませんでした。
他のメンバーはあの鉢植えキャベツに気づいてたかな?

◆Ristorante Castellina リストランテ カステリーナ
港区西麻布1-5-16 西麻布AKビル1F
tel. 03-6438-9670
12:00-15:30(L.O 14:00)
18:00-24:00(L.O 22:00)
月・第2火定休

e0074969_16124342.jpg
第二部はStyle-Hug Galleryの水垣千悦陶展へ。
ここHugさんへは今日のメンバーで
たびたび訪れています。
ご店主Oさんのセンスあふるるセレクトに
毎回コーフンさせられます。

今回も大騒ぎしながら器選び。
ボケたりつっこんだり、合いの手を入れたり。
これが超たのしーのです。

三島手や刷毛目の器も素敵だったけど
私が選んだのは白磁の中鉢。
e0074969_22574221.jpg
お上品な佇まいです。
e0074969_16135778.jpg
鉢の中には蓮の花が描かれています。これも掻き落しという?
e0074969_1614748.jpg
ちっちゃな箸置きも。
この兄弟姉妹たちはゆみさんも求めました。

ゆきみぃ会長、ゆみさんが選んだ器もそれぞれにすてきでした。
その場で画像を撮りたかったけど、ご店主Oさん、
選ぶはしからテキパキちゃっちゃと包んでしまうので撮れませんでした。

こうして今年も粉の会、始動しました。
三人三様に我が道を行く独自路線、
その中にほどよい俗っぽさとおばさん風味をプラス。
これに世俗に迎合しない、独立独歩のおーちゃまが加わるともう最強ですよ。
近いうちにフルメンバーでの粉の会も催される予定なので
とっても楽しみです。
みんな!今年は粉の会で山に登ろう。
[PR]
by mmmtin | 2010-01-25 20:08
 
久々にブログをアップしたら、お世話になってる会社のFさんが早速見てくれて
「今後の登山日記、楽しみにしていま~す」
ありがとうー!そうですかそうですか、楽しみですかっ。 ← 単純
というわけで、張り切って更新します。

◆コース
往路)京急新逗子駅-(バス)-大楠芦名口バス停-(登り60分)-大楠山(標高242m)
復路)大楠山-(下り60分)-前田橋バス停-(徒歩15分)-立石バス停-(バス)-京急新逗子駅

季節は冬。
雪仕様の山道具を持っていない我が家は
雪や凍った山道の心配がない、低山を探して歩いています。
先週は三浦半島の最高峰「大楠山(標高242m)」にハイキングに行ってきました。
これが予想以上の楽しさでした。

新逗子からバスにゆられて20分あまり、「大楠芦名口」バス停から
登山道までしばらく車道を歩きます。
家々の軒下には水仙が咲き乱れ、アロエも花をつけています。
やっぱりこのへんはあったかいのだ。

登山口から15分ほどで車の音もしなくなります。
お天気は最高。冬枯れの風景が青い空に映えます。
e0074969_21403565.jpg
途中、リスに遭遇。
見たこともないウグイス色のもこもこのでかい奴です。
しっぽはブラシのようです。コーフンする我ら。
「かりかりかりかり」音がするので上を見ると、木の幹を齧っていました。
木屑がぱらぱら落ちてきます。

e0074969_21411054.jpg
リスを観察するやす。
登り始めて1時間、13:00に山頂に到着。
e0074969_21413726.jpg
お昼どきで皆さんお弁当を広げています。
ガイドブックにあった通り、猫もいました。
まずは見晴らし台に上ってみます。
e0074969_21421878.jpg
見晴らし台から見た江ノ島方面。
うーっすら富士山と、昨年の晦日(12/30)に登った大山が見えました。
「ちょっと前まで富士山、見えてたのよ~」と一緒になったおばさん。
お山をくっきり見るにはもっと出発早くしなくちゃいけませんが
夕べ、野球部の新年会でやす、帰宅が遅かったため、今日の出発も遅くなったのだ。
まあでも海がきらきらしてきれいだからよし。
e0074969_2143564.jpg
お腹が空きましたー。
ヨーガの背中と腰を伸ばすポーズをしている少年のお尻をつついて
ベンチを譲ってもらい、我が家もお昼にしました。
玄米おにぎりと卵焼き、韓国らーめんに野菜をたっぷり入れました。
大山で出合った山マンのまねをして、ラーメンも一緒に記念撮影。
たいしたものじゃなくても山で食べるとたまらんおいしさです。
山みしゅらん3つ星☆☆☆~。
この日はほんとにお天気がよく、風もなくぽ~かぽか。
ジャケットもフリースも脱いでしまいました。
e0074969_21433814.jpg
ごはんのあとのコーヒーがまた旨い。
ふだんは自作のケーキなど、おやつを持ってくるのだが
調子に乗ってパクパク食べて、いつも山から帰ると体重が増えてしまうし
今日は運動量も少ないしで、コーヒーのみ。

1時間ほど山頂でのんびりしたあと、下山。
途中、またリスに遭遇。
やすが追い越したおじいさんに「リスがいます」と声をかけると
「そうだね。鎌倉あたりだとアライグマもいるよ」地元の方でした。
帰ってからネットで調べてみると、もともとは東南アジアに生息する「タイワンリス」でした。
飼われていたものが逃げ出して野生化し、樹木を枯らしたり、電話線を切断したりなど、
被害が問題化しているそう。アライグマも同様だそうです。
かわいい顔して動物には罪はないけど。。。

1時間で国道134号に出ました。ここで大楠山ハイキングは終了。
せっかく三浦半島に来たのだからと、少し歩いて
秋谷海岸の立石公園に行ってみました。
e0074969_2145856.jpg
このにょこっと立ってる「立石」が名物らしいです。
夕日スポットのようで、すごいカメラメカを手にわらわらと人が集まってきます。
駐車場には空き待ちの車の列ができていました。
e0074969_2145287.jpg
冬の海はきれいだな~。見てても見てても見飽きません。
ここで本日一番のコーフンを迎えるワタクシ。
思わず海に向かって万歳三唱。ありがとうありがとう。
e0074969_2146128.jpg
我らもコーヒーを淹れて夕日を見ながらダバダー。
e0074969_21461652.jpg
ゆっくりと太陽が沈んでいきました。
ガイドブックを見ていて「もの足りないかな?」と思ったけど
なんの。山も海も満喫できて最高に楽しい休日となりました。
e0074969_21463336.jpg
おまけ

帰りに横浜駅西口にできた「京華楼」に寄り、刀削麺を食べました。
刀削麺好きは相変わらずでございます。
[PR]
by mmmtin | 2010-01-22 21:47 |
 
ご無沙汰しております。
まりちく、ぴんぴんしております。

昨年秋より山のぼりを再開し
「休日ときどき山」の日々を過ごしておりました。
筋力、心肺機能とも何の問題もないやすに比べて
めっきり体力が落ちたワタクシ。
加えて時々持病による心臓ばくばくがあるので
「登山」といっても累積標高差500~800mの手軽に登れる山中心です。
ちょこちょこ山のぼりしていた2006年から3年、
そのころに比べるとほんとに衰えました。
これが老いるということなのか。。。愕然しております。

とはいうものの、志は高く。
山に行かない日は近所を坂道ウォーキングをしたり
踏み台昇降をしてみたり。
一番楽しいのは山の地図を眺めるとき。
旺文社の「山と高原地図」や山ガイドブックを積み上げ
もうちょっと体力がついたら登りたい山をニタニタ眺めて
気づくともう夕暮れ。。。の日々を過ごしております。
山、いいです。山、さいこーでふ。

「この楽しさ、分かち合いたいっ」と
「山、行こうよ、楽しーよー」と友を誘っては見るものの
誰からも賛同を得られず。。。
確かに山の魅力って、いくら言葉を尽くしても伝わらないと思います。
体験して初めて感じるものだと思う。私もそうだった。

今日はお寺ヨーガでした。
帰りに必ず寄る八百屋のおっちゃんが私の唯一の山友です。
お客さんの合間をぬってのしばしの山談義。
お互い先週末は標高200mの低山登山。低い山でも超楽しいっ。
最後は毎回「山、いいですよね~」と言い合うおっちゃんと私。
おっちゃん、春に秘密のカタクリの群生を見に連れて行ってくれるそうです。

次回は先週末に行った三浦半島のかわいい山をレポートしたいと思います。
e0074969_2052321.jpg
去年の秋に登った飯盛山から見た八ヶ岳。
八ヶ岳、大好き。かっこいいっ。たまりません。
今年はこの中の最高峰、赤岳に登りたいっ。
[PR]
by mmmtin | 2010-01-20 19:58 |
 


      

たまの記録
by mmmtin  (まり)
メモ帳
↓プロフィールはこちら
◆excite以外のリンク◆
●人生1度きり!チエさん●お友達のぺんぎんさん●心の有志!U子さん●サンザシ夫婦と猫だんご●ぴろこ改めひろこ●園芸魂!おーちゃま●アメリカンコレクティブル
●神戸のネット布や●らぶばあのブログ●弟aのブログ
カテゴリ
全体

メロンパン
インド料理教室
パン焼きの記録
ゴーヤクラブ
以前の記事
2014年 10月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
more...
フォロー中のブログ
ニューヨークでのヨガ生活
モデル 美香 Mika'...
幸せの味探し
子育て観察と晩御飯と日々の生活
たまプラ嫁日記 *たまプ...
TRATTORIA DE...
検索
その他のジャンル
最新の記事
まきば登山隊が行く -白山-..
at 2014-10-20 22:47
山にいいもの。その2。お弁当..
at 2014-06-26 22:37
山にいいもの。その1。にほん..
at 2014-06-23 22:37
送別会とクマ公と三ノ塔とVine
at 2014-06-18 22:19
白山 2014.5.30(金)
at 2014-06-08 20:30
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧