おひさしゅうございます。
最後にブログをアップしてから時が経ち、季節は秋。
北アルプスの山々では早くも降雪が。山の秋は短いなぁ。
山小屋も次々小屋じまいです。さびしい。

行く秋を惜しむように、ゆきみぃ隊員は週末、尾瀬・至仏山に登ったそう。
穏やかなお天気で絶交の登山日和でしたね!
私はというと、2週間前に登った甲斐駒ケ岳で痛めた左膝の調子がいまひとつなので
今週も登山はお休み。久しぶりにブログでも、とPCを開いた次第でございます。

まずは8月初めにまきば登山隊で登った白山のこと。
白山、いい山、花の山。お花の時期に登ってきました。
今年の夏は本当にお天気に泣かされたけど
この時は1日目が曇り、2日目、白山に登頂した日が曇りから奇跡の晴れ間がのぞき
3日目の下山日は曇り、ぱらぱら雨と、ありがたいことに恵まれていました。

そして今回はテント泊。
ゆきみぃ隊員には我が家のソロテントとマットを貸してあげました。
寝袋と大型ザックはこの日のためにゆきみぃ隊員、購入です。
寝袋買ったってことはゆくゆくはテントを買うってこと。
実際、このあとお買い求めになりましてよ!(゜∀゜)

1日目 - 8/1(金)

1:30am
自宅出発。

10:30
市ノ瀬ビジターセンターの駐車場に到着。

9時間かかりました。やす、運転お疲れさま。やっぱり白山は遠いね。
そこからバスに乗り換えて別当出合登山口を11:35出発。
南竜ヶ馬場のテント場まで3時間半ほど行程でしたが、
久しぶり登山にテント装備なのでほどよくきつかったー。

16:15
テント場についた途端に激しい雨。
とりあえず置いたザックの上にテントをかぶせ、炊事棟で夜ごはんの支度です。
そう、このテント場、炊事棟がついているのだ。
お水も使い放題。なんていい環境なんだっ。
我が家はテント泊の定番、メスティンで炊飯してカレーにしました。
どこで食べてもおいしいカレーは山でも最強です。
ゆきみぃ隊員は高価なフリーズドライ食品を山ほど担ぎ上げたにもかかわらず
朝食の残りのおにぎりとカップラーメン。
うんもぅー。もっといいもの食べれ。でも山だと何食べてもおいしいもんね。

夕立も上がり、暗くなる頃にはそれぞれテントに引き上げることにしました。
その前にみんなで連れ立ってトイレへ。
だって全部和式のぼっとんトイレで真っ暗で、ひとりで行くの、怖いんだもん。
このトイレを見た、小学校高学年くらいの女の子が
「えっ、トイレここだけ。。。?ムリっ!」って言ってました。
無菌のきれーなトイレしか知らない世代にはツライっすよね。
私だって膝が痛いから和式は辛い。別の意味で辛い。
明日は行きがけにすぐそばの山小屋のトイレを借りることにしましょう。

と、トイレと歯磨きを済ませ、明日のためにおやすみなさい。。。
e0074969_22451507.jpg
2日目 - 8/2(土)

4:00起床
「夕べ寝られた?」とゆきみぃ隊員に行くと「ぐっすり!」との答え。
初めてのソロテントで熟睡したご様子。
朝食は夕べのカレーの残りでスープを。それとパン。
この日もここにテン泊なので、テントは張りっぱなし。

6:30
必要なものだけザックに詰め、身支度を整え、出発です。
今回はアルプス展望歩道でまずは室堂を目指します。
雲は多いけど、高曇りなので展望が期待できます。
e0074969_22451503.jpg
7:20
アルプス展望台までやってきました。
「やったー」「すごぉーい!」歓声を上げるまきば登山隊。
この景色!北アルプスがずらーっとシルエットで。
一緒になったおじさまパーティーと喜び合いました。
e0074969_22451497.jpg
御嶽山です。立派です。
私には男の神様に思えるのです。惧れ多くて見ているだけの山。
御嶽の噴火は本当にショックで山頂に残された方々のことは
とても他人事とは思えませんでした。心が痛みます。。。
e0074969_22375090.jpg
8:25
くまちゃんです。途中の室堂でひと休みだよ。
やす「あっ、百名山てぬぐいが無いっ!」
数々の山を一緒に登ってきた百名山てぬぐいをどこかに落としたらしいんだ。
「探してくるっ」と駆け出して、しばらくしてから「あったよー」。
道の脇によけてあったそう。よかったねぇ。

やすを待ってトイレに行ったりしている間にざーっと雨が降り出し
暗雲が立ち込めましたが、しばらく雨宿りをしているとそれも上がりました。
40分と予定より長い休憩となってしまったが雨が上がってよかった。
山頂を目指します。
e0074969_22451514.jpg
9:50
白山の最高点、御前ヶ峰(2,702m)に到着です!
青空はなかったけど、360度のすばらしい展望が望めました。
この日は13:00ラストオーダーの室堂のカレーを食べる予定。
のんびりもしていられないので先を急ぎます。
e0074969_22451499.jpg
右のピークが剣ヶ峰(2,677m)。
左の残雪が残っているなだらかなピークが大汝峰(2,684m)。
火口湖の翠ヶ池も見えています。
白山もランクは低いものの、気象庁の監視対象の活火山なのです。
気持ち的にしばらく登れないかも。。。

10:55
大汝峰と室堂の分岐に来ました。
結構消耗してます。お昼の時間も迫ってきました。
「大汝峰、どうする?」と聞くと「うーん、どっちでもいいよ」とゆきみぃ隊員。
ほんとは聞くまでもないのだ。わたしは行く気まんまんなのだ。Let's Go!
e0074969_22392249.jpg
大汝峰の山頂目指して進むゆきみぃ隊員とわたし。
この岩ごろごろを登っていくのが楽しかった。
e0074969_22402056.jpg
11:20
大汝峰、登頂。
山頂は広い広場になっていて、石の壁に囲まれたお社がありました。
なんだかのんびりしたところでした。
時間的にここでお昼ごはんの人もいましたが、先を急ぎます。
来た道を戻らずに山頂を超えて巻き道で戻ります。

続く。

[PR]
# by mmmtin | 2014-10-20 22:47 |
 
昨年5月のこと。

まきば登山隊神戸支部のみつまめ隊員が書いたショップブログを見ていたら
山でお弁当かごを使っているとありました。
まんまお弁当を入れるんじゃなく、

「クッキーなども割らずに運べるのでお菓子の収納用として」
「丈夫で軽くて山道具としてお気に入りの良い相棒です!」

これ、山雑誌でも見たことないよ。
みつまめちゃんでかした!このアイディアいただきました。
みつまめ隊員は岩手のかごを使っているそう。ほうほう。
岩手のかごといえば篠竹でしょう。私もまねする。ふんがー。

そんなある日、渋谷のむげん堂の前を通りかかると
店先にアジアっぽいチープな作りのふた付きかごが山積みになっておりました。
値段を見ると200円。なぬ!
この値段なら山で使っても全然惜しくない。即買いです。

さっそく次の登山のときに使ってみました。
これいいです。今までこなごなになっていたクッキー類がそのままの姿で食べられるし
かご自体がたわむのでザックのすきまにねじ込むこともできます。
何しろ200円なので手荒く扱っても惜しくない。すごく気に入りました。
e0074969_22233794.jpg
画像は昨年の夏に登った白馬岳で撮ったもの。
幅がちょうどシスコのココナッツサブレにぴったりなので
それを持っていくことが多くなりました。
この日もココナッツサブレを入れていきました。おススメです!

ちなみに前回紹介した日本てぬぐい、みつまめ隊員も愛用しているそう。
日本手ぬぐいの良さをショップブログにも書いていました。
前回のブログに載せた柄も持ってるって。わーい、おそろだ♡
ツボが似ているようだね、みつまめちゃん。

[PR]
# by mmmtin | 2014-06-26 22:37 |
 
山にいいもの。にほん手ぬぐいです。
軽い。吸水性がよい。丈夫。
なによりすぐ乾くのがいちばんで、必ず持っていきます。
「リネンリネン」って世の中はリネン推しだけど
私は日本の文化を大切にしたい。ビバ!手ぬぐい!
e0074969_17580990.jpg
この間、自由が丘の布屋でククサ柄の手ぬぐいを見つけましたの。
かわいーーー。即買いですワ!
家に帰って広げてみたらば。。。
e0074969_17581337.jpg
見てくりょう!こんなくぁわいい鳥さんの絵がっ。きゅーん♡
e0074969_17581762.jpg
そういえばノルウェー国旗柄のもあったなー。
日を改めお店に行ってみると、ラストいちでありました。
もしやここにもあのかわいい鳥さんがいるかも?
めくってみると。。。
e0074969_17582224.jpg
いたっ!きゅーん♡
もちろん即買いですワヨ!

お店にいたみかりんやりなぞうやヨッシーに「ほらほら、こんなかわいい鳥が隠れてるんだよ!」
コーフン気味にいうとみかりん「鎌倉のkroneに他の柄もありましたよ」
「えー、入荷してよー(ふんがー)」
するとみかりん、「食いつくの、まりさんくらいですから」だってさ。
そうか残念。お店のお客さんのツボと私のツボは違うようだ。

次回の「山にいいもの」は、まきば登山隊神戸支部みつまめ隊員から教わった
あるものをおとどけします。お楽しみに!
e0074969_17582820.jpg
おまけ。
土曜日にゆきみぃ隊員とやすと山飲み2軒目に行った
九品仏トラカフェのフレンチトースト。
バケット使用のフレンチトースト。うまうまです。
暑くなってくると出なくなるのでもうすぐお休みで
代わりにトラカフェ風洋風みつ豆になるそう。行くなら今です。

[PR]
# by mmmtin | 2014-06-23 22:37 |
 
先週のこと。

バイトしていた自由が丘の布やさんのスタッフゆうゆうの送別会でした。
ご主人の仕事の関係で松本に転居されるのです。
声かけてくれてありがとう。おかげでゆうゆうを見送ることができました。
ゆうゆうはホントに天使のような人です。すごく好き。
e0074969_21202106.jpg
ゆうゆう。ハンドメイドのシャツ着てた。こんなの作れるんだから。ホントにすごい。
松本に行ったらぜひ山に登って欲しいな。そしたら「山やる人みんなに言われますー」って。
体力的にはOKだし、ゆうゆうならハマると思う。
いつか一緒に登りたいです。常念岳あたりにな!
e0074969_21202890.jpg
送別会から明けて土曜日。
やすと自由が丘の焼き鳥やさんで軽く飲んで、その流れでお店に寄ってみました。
そしたらこんなかわいいクマ公がっ。これ、広げるとタオルケットになるんです。
So Nice!So cute!!♡♡♡
職場でもうすぐ出産の女子がいて。「出産祝いに作ってプレゼントする!」と購入。
帰って作り方を見たら私にはちと難しいかも。。。
でむ!みずきてんてい、わたしがんばる!
e0074969_21203277.jpg
日曜日、リハビリ登山で丹沢・三ノ塔に登ってきました。
大好きなお地蔵さん目線の景色。
お地蔵さんは涼しげな白いお召物とお帽子に衣替えしてらっしゃいました。
膝は相変わらず、降りてきたあとは水が溜まって腫れる状態。
ゆっくりのペースで少ない標高差から徐々に身体を慣らせていこう。

Vine見てるとアメリカではもう夏休み。
6月に入ってすぐLast day of schoolだったよ。大人も子供も夏満喫してます。
その満喫度合いが日本人とは違うのだ。
おもしろいよぅVine。文化の違いを肌で感じることができます。
今はWebで英語日本語変換ができるから
私のインチキ英語でも英語圏の人ともなんとかコミニュケーションできるしね!
でももっと英語できたら。聞き取れたらなー。

[PR]
# by mmmtin | 2014-06-18 22:19
 
Hey guys!またまたお久しゅうございます。
最近スニーカー通勤に変えたら右膝の調子もだいぶ良くなってきてハッピーです。
こんなに長引いたのは靴のせいだったのかも?もっと早くに気づいていれば。。

さて、5月末のこと。
やすがGWの代休を取れるというので、白山に行ってきました。
白山というのは石川県と岐阜県にまたがる標高2,702mの山で、日本三大霊山のひとつです。
2010年のGWにひょんなことからその地を訪れ、あまりの自然の深さに衝撃を受け
今回が5回目の訪問です。白山大好きだー。
e0074969_21220890.jpg
白山は平安時代に修験道の僧、泰澄によって開かれました。
開かれたっていうのは登ったってこと。それまで白山は霊山で禁足地だったのだ。
その泰澄さんが開いた平泉寺白山神社。福井県勝山市。お参りしてきました。
e0074969_21221230.jpg
1300年前に泰澄さんが登った越前禅定道の起点がここ平泉寺白山神社にあります。
この道が白山に続いていること、1300年前からの道であること、
想いをはせるとぼーっとしてきます。
e0074969_21221472.jpg
くまちゃんです。
まりちくたちは2012年夏に白山登頂を果しています。もちろんくまちゃんも一緒だったよ。
ここは白山登山口近くの市ノ瀬ビジターセンターにあるテント場。
今回の旅ではここにテント泊するつもりだったんだけど、なんと!寝袋を忘れてしまったんだ。
おーまーがー!
仕方がないので勝山市のホームセンターで着る毛布っていうのを買って車中泊にしたよ。
それでも朝方は寒くてテントのフライをお布団がわりにかけました。

明けてテント場のテーブルで朝ごはん。
鳥のさえずり、ごーごーと流れる手取川の川の音、新緑の瑞々しい緑、青い空。
すばらしくいい気持ちです。ありがとう生きててよかったー!
e0074969_21221653.jpg
ここが別当出合の登山口。標高1,260m。白山で一番登られている登山道の入口です。
白山は山全体が白山比咩神社のご神体なので、
この先の鳥居をくぐるとそこから先はすべて神社の境内となります。
e0074969_21221822.jpg
ちょっと様子を見てみよーと歩き始めました。瑞々しい新緑の中をずんずん登っていきます。
「したたるような新緑」という表現があるけど、まさにそれ!
e0074969_21221956.jpg
登山道に咲くニリンソウ。かわいいー。
e0074969_21222622.jpg
コースタイムで50分の中飯場に到着。標高1,500m。
あまりの気持ちよさにここまできてしまった。まだ雪は無いし、もうちょっと登ってみよう。
e0074969_21222854.jpg
ちっちゃなトートの中にはペットボトルの水。デジカメにテッシュ。足元はKEENのサンダル。
この気軽な恰好でするする登ってきてしまいましたが、ついに雪が現れました。
e0074969_21223137.jpg
別当覗。標高1,750m。この先はちゃんとした装備でないと登れません。
気持ち的にはまだまだ登りたいのですが、引き返します。
e0074969_21223359.jpg
登山にウルトラライトというスタイルがあるのですが、今回それを実践する人たちの気持ちがわかりました。
すごーく自由。自然と一体となってどこまでも軽やかに歩いていける感じ。
気持ちがより開放されます。すごいいい!体験してわかることってあるね。Feel So Good!!
e0074969_21223554.jpg
体への負担も少ないよ。すごく楽しい。今度近くの山でやってみる!
e0074969_21223793.jpg
圧倒的な自然の中。やっぱり山はいい!
e0074969_21223904.jpg
登山口まで戻ってきました。2時間ちょっとでしたがいろんなものをもらって帰ってきました。
ビバ!白山!
e0074969_21224189.jpg
ちなみに去年の11月の末。雪の白山を見たくて行ってきたのです。そのときの写真。
今まで登って頂上きわめて一番うれしかった山は赤岳、楽しかった山が白山。ほんっと好きです。
e0074969_21224354.jpg
今回の旅は4泊ぜんぶ車中泊でした。宿を決めずにその日の気分で行先も泊まるところも決める、
そのスタイルがすごく自由ですごーく楽しいのです。
白山を下りた日、道の駅しらやまさんで車中泊したのですが、夜、向いの山からふくろうの声が聞こえてきて感動しました。

帰りは以前見た御嶽山の神々しい姿をもう一度見たくてそちらを回って帰ってきました。
最後の写真が御嶽山。黄砂でかすんでいますが堂々としたお姿です。
御嶽山は畏れ多くて登れないかも。見る山かなー。

[PR]
# by mmmtin | 2014-06-08 20:30 |
 


      

たまの記録
by mmmtin  (まり)
メモ帳
↓プロフィールはこちら
◆excite以外のリンク◆
●人生1度きり!チエさん●お友達のぺんぎんさん●心の有志!U子さん●サンザシ夫婦と猫だんご●ぴろこ改めひろこ●園芸魂!おーちゃま●アメリカンコレクティブル
●神戸のネット布や●らぶばあのブログ●弟aのブログ
カテゴリ
全体

メロンパン
インド料理教室
パン焼きの記録
ゴーヤクラブ
以前の記事
2014年 10月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
more...
フォロー中のブログ
ニューヨークでのヨガ生活
モデル 美香 Mika'...
幸せの味探し
子育て観察と晩御飯と日々の生活
たまプラ嫁日記 *たまプ...
TRATTORIA DE...
検索
人気ジャンル
最新の記事
まきば登山隊が行く -白山-..
at 2014-10-20 22:47
山にいいもの。その2。お弁当..
at 2014-06-26 22:37
山にいいもの。その1。にほん..
at 2014-06-23 22:37
送別会とクマ公と三ノ塔とVine
at 2014-06-18 22:19
白山 2014.5.30(金)
at 2014-06-08 20:30
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧