宿泊地、白馬大池を目指す。白馬岳(2,932m) その1。 2013.8.8(木)~10(土)
お盆休みで電車が空き空きですー。
私が働くIT業界はお盆に一斉に休むという習慣がないので普通に出勤しています。
仕事帰りに寄ったヒカリエは平日夜なのに結構な人出、普段とは違う客層でした。
そしてゆきみぃ隊員が燕岳に挑戦した日でございます。
ロープウェイを使わない自分の足で登る初の北アルプス、そして初の山小屋。
どうだったかなー?

さて先週、私たちも山に登る人なら一度は登ってみたい山、白馬岳に登ってきました。
テントを担いで2泊3日の行程です。
猿倉から大雪渓を経由し白馬岳、その後白馬大池に出て栂池に下る、
というメジャーなコースも考えましたが
何しろ今までテント泊は山のふもとばかりの我が家、
テントを担いで縦走できるのか体力的な不安があったため、今回は以下の行程にしました。

1日目:栂池自然園→白馬大池(テント泊)
2日目;白馬大池→白馬岳→白馬大池(テント泊)
3日目:白馬大池→栂池自然園

こうすれば空身で白馬岳まで行けますからな。ラクしました。

e0074969_21373176.jpg
自宅を出て5時間半。
栂池高原の中央駐車場に到着です。
やはり白馬は遠いのであった。
平日なので駐車場はガラガラでしたが、
下山した土曜日は満車でした。
ここはゴンドラ乗り場に一番近いので
1日300円でした。
少し離れた駐車場ならタダになります。


e0074969_21425680.jpg
登山口までゴンドラとロープウェイを乗り継いで向います。
このゴンドラはモンベルカードで割引になります。
(3,300円→2,950円)
でもカードの本人だけなのです。
チケット売り場で「JAFカードでも割引になりますよ」
おおそうか。
割引された金額は駐車場1日分くらいになるので
JAFカードを取りに車に戻り、窓口に提示すると
「期限が切れてますね。。。」とお姉さん。肩を落とす私。
その様子を気の毒に思ったのか
ふたり分割引してくれました。ありがとう。お姉さん。

ちなみにここにくる前に寄った「道の駅白馬」でも
同じ割引チケットを販売していました。


e0074969_21543574.jpg
30分かかって終点駅に着きました。
栂池ヒュッテのテーブル席で
これからの登りに備えておにぎりを食べました。
栂池自然園を見学に来た観光客に混じり
ちらほらと登山者の姿も。
同じベンチに座っていた団体旅行で来ていた
初老のご夫婦からアメをいただきました。


e0074969_2222964.jpg
12:15 登山開始。
テントや寝袋、マット、食料などで
いつもよりもずしんと重いザックを背負っているので
「歩幅を小さく」を意識して登っていきます。
途中の水場でおいしい銀嶺水を
プラティパス(水筒)に汲みました。


e0074969_2251263.jpg
1時間半ほどで天狗原に到着です。

以下、小谷村のサイトより。

明治の終わりごろまで、白馬大池は雨乞いの神を祀る霊地として崇められていました。
登山等で足を踏み入れると、けかち(=飢饉)になると信じられており、
白馬大池手前の天狗原には、半分竜で半分人間の怪物が棲みついていて旅人を待ち伏せしている、
などの伝承もあったそうです。

だそうです。そう言われるとそんな気配が漂う場所かも。
とにかく静かです。
雲が垂れ込め、行く先の乗鞍岳を隠していました。
晴れていればこの場所から白馬三山がきれいに望めるそう。
e0074969_22523537.jpg
しばらく木道を歩いたあと、
ナナカマドに囲まれた巨石の斜面を登っていきます。
どこに足を置けば歩幅を小さく登れるかを考えながら登るのが超楽しいっ!
e0074969_2253479.jpg
1時間弱登ると雪渓が見えてきました。この雪渓を横切ります。
2週間ほど前まではアイゼンがあったほうが安心だったそうですが
今はアイゼンなしでも大丈夫でした。
e0074969_22553212.jpg
ゴロゴロ岩の最後の登り。楽しい。
けど、荷物が重たいので気を抜くとバランスを崩します。
あぶないあぶない。
e0074969_22564140.jpg
雪渓を横切りしばらく行くと
乗鞍岳(2,436m)の山頂に積まれたケルンが見えてきました。
e0074969_2246051.jpg
乗鞍岳を過ぎると白馬大池が見えたっ。テンションアップ!
すぐそこに見えますがゴロゴロ石を池畔に沿って進むので
ここから40分ほどかかります。
e0074969_2302930.jpg
白馬大池山荘も見えてきた。
すでにテン場にはたくさんのテントが張られています。
e0074969_2342338.jpg
16:10 出発から3時間半、白馬大池に到着です。
親切な方がシャッターを押してくれました。
e0074969_238440.jpg
池のほとりのチングルマの群落。
ふるふる風に揺れてる姿の可憐なことったら!きゅーん。
e0074969_2391436.jpg
なんとか隙間を探してテントを張りました。2日間の我が家です。
どこも平らでとても良いテン場ですが、土がとっても硬くて。
苦労して石でペグを打ち付けていたら隣りのテントの方がハンマーを貸してくれました。

反対隣りのソロテントの方は群馬大学の先生で
授業として20人ほど生徒さんを引率しているのだそう。
話しているうちにその先生、塩尻出身とわかり、
「下山したあと、山賊焼きを食べに塩尻に泊まる予定なんですー」というと
「山賊焼き?塩尻の名物はジンギスカンと蕎麦とワインだね」
地元の人は山賊焼きなんて食べない的発言。ええー。

しかし2日後、これはせんせいの認識違いとわかるのであった。

e0074969_23264998.jpge0074969_23263928.jpg
明るいうちに夕ごはんの支度。
予定どおりごはんを炊いてカレーにしました。
レトルトのカレーにソーセージと玉ねぎを炒めてカサ増しです。おいしかったー。

ごはんは1.3合を水加減多めで1時間ほど浸水。
強火にかけて沸騰してから弱火で13分ほど、
チリチリ音がするようになってから火を止めて逆さにして15分蒸らしてみました。
焦げ付くこともなく、芯もできず、上手に炊けました。

カレーとごはんは少し残して、次の日の朝、カレー雑炊にしました。
e0074969_23485482.jpg
テン場の日が暮れていきます。
暗くなるとすぐ、次々とテントの灯りが消えていきます。
我が家も明日早いし、19:30には寝袋に入りました。
e0074969_2351587.jpg
おやすみなさい。。。
[PR]
by mmmtin | 2013-08-14 23:54 |
 
<< 空中散歩。まずは小蓮華山へ。白... 白馬岳(2,932m)に登ってきた! >>


      

たまの記録
by mmmtin  (まり)
メモ帳
↓プロフィールはこちら
◆excite以外のリンク◆
●人生1度きり!チエさん●お友達のぺんぎんさん●心の有志!U子さん●サンザシ夫婦と猫だんご●ぴろこ改めひろこ●園芸魂!おーちゃま●アメリカンコレクティブル
●神戸のネット布や●らぶばあのブログ●弟aのブログ
カテゴリ
全体

メロンパン
インド料理教室
パン焼きの記録
ゴーヤクラブ
以前の記事
2014年 10月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
more...
フォロー中のブログ
ニューヨークでのヨガ生活
モデル 美香 Mika'...
幸せの味探し
子育て観察と晩御飯と日々の生活
たまプラ嫁日記 *たまプ...
TRATTORIA DE...
検索
その他のジャンル
最新の記事
まきば登山隊が行く -白山-..
at 2014-10-20 22:47
山にいいもの。その2。お弁当..
at 2014-06-26 22:37
山にいいもの。その1。にほん..
at 2014-06-23 22:37
送別会とクマ公と三ノ塔とVine
at 2014-06-18 22:19
白山 2014.5.30(金)
at 2014-06-08 20:30
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧