山病
GWに権現岳に登り、
2715mの山頂から下界を眺めたときの不思議な気持ち。
2006年に北八ヶ岳の縞枯山・茶臼山に登った時に
茶臼山の山頂(2384m)から眼下に広がる茅野の街を見下ろしたときに
感じた気持ちと同じでした。
「ここは神さまの領域だ」

南アルプス北アルプスの主峰に登る人からしてみれば
「何を知ったふうな口を利いて」と言われそうだけど
ほんとにそうなんです。
静粛な気持ち。思考も感情も何もかも透明になってシーンとした気持ち。
この世には神さまの聖域っていうのがあるんだってことを肌で感じます。
今までの人生で味わったことのない気持ち。

こんなの味わっちゃったらもう山、はまりますよ。
あの景色、あの気持ちをもう一度。一度と言わず二度、三度。
そしてこうして山に登れる健康な自分でいられることに、
山に行くためのお足が稼げることに、
そして山のぼりなんてことがレジャーになる
平和な日本に生まれたことに感謝、
生きているってすばらしい!ふんがー!とまあこうなるわけです。

世間さまでは「スピリチュアルスポットめぐり」てなもんが流行っているようですが
わざわざ遠い異国に行かずとも、その辺の2500m級の山に登れば
誰でもいわゆるところのスピリチュアルな体験ができると思います。いや、できます。

小淵沢で知り合いになった山登りの先輩タモンさん(ネパール人)も
おんなじようなことを言っていました。
「山には神さまがいるよ。甲斐駒ケ岳の山頂に近づくにつれ出てくる言葉は
『ありがとうございます』『登らせていただきます』。これだけだよ」

タモンさんは秋になると赤岳、権現岳、編笠山の山頂にお酒をまいて
「今年もありがとうございました」と山の神さまにお礼するそうです。
「自分がしたいから、気持ちがいいからしている」のだそうです。
その「山の神さまに敬意を払って、感謝の気持ちで登らせていただく」
という気持ち、低い山ではちと忘れがちなのですが
いつも持ちながら登りたいです。
e0074969_2224258.jpg
2006年に登った茶臼山から見た八ヶ岳。
このあと、毎年2回ほど八ヶ岳に行くも全部雨で山には登れず。
タモンさん曰く「山の神さまが登ることを許してくれてないんだよ」。
やっと神さまから許可が下りて
2009年秋に八ヶ岳のそばの飯盛山に登ることができました。
そのときからワタクシの山病が始まったのでございます。
[PR]
by mmmtin | 2010-05-25 21:46 |
 
<< そういえば先週胃カメラ あわれ、くま公 そして 自由が... >>


      

たまの記録
by mmmtin  (まり)
メモ帳
↓プロフィールはこちら
◆excite以外のリンク◆
●人生1度きり!チエさん●お友達のぺんぎんさん●心の有志!U子さん●サンザシ夫婦と猫だんご●ぴろこ改めひろこ●園芸魂!おーちゃま●アメリカンコレクティブル
●神戸のネット布や●らぶばあのブログ●弟aのブログ
カテゴリ
全体

メロンパン
インド料理教室
パン焼きの記録
ゴーヤクラブ
以前の記事
2014年 10月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
more...
フォロー中のブログ
ニューヨークでのヨガ生活
モデル 美香 Mika'...
幸せの味探し
子育て観察と晩御飯と日々の生活
たまプラ嫁日記 *たまプ...
TRATTORIA DE...
検索
その他のジャンル
最新の記事
まきば登山隊が行く -白山-..
at 2014-10-20 22:47
山にいいもの。その2。お弁当..
at 2014-06-26 22:37
山にいいもの。その1。にほん..
at 2014-06-23 22:37
送別会とクマ公と三ノ塔とVine
at 2014-06-18 22:19
白山 2014.5.30(金)
at 2014-06-08 20:30
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧